アラフィフママのひとりごと~2021年中学受験

境界型糖尿病と戦いつつ、娘の中学受験とも戦うことになりました。とりとめのないひとりごとをやめて、2021年受験に向けての日々を中心につづることにしました。

my日能研の活用法

傘




こんにちは。




横殴りの雨の中、my日能研の活用の仕方についての講習会に参加してきました。



日能研ではmy日能研というサイトに、学校からの連絡・成績情報・学校情報などがまとめられているのですが、その活用法についての講座です。



台風かと思うくらい雨風が強い時間にびしょびしょになりながら歩きました。こんな雨の中、必死なのは数人しかいないんじゃないかな、ものすごく熱心な母と思われるんじゃなかろうか・・・と思いましたが、そんな心配は杞憂に終わりました。ほぼいっぱいでした・・・



最初は、見たらわかるし、わざわざ聞く必要あるのかなと思っていたけれど、私にとっては行って正解でした。全然使いこなしてなかった!



日能研のお仲間で、あまりmy日能研を活用しておらず、この講習に行かれていない方々のために、かいつまんでシェアしたいと思います。



まず、伸びない子はmy日能研を見ていない!本人が自分で見ることが大切!だそうです。



【テストのふり返り】

・答案用紙は正答率が入った状態で印刷する(一か月しか表示されないので注意)

・誤答率と無答率の割合で解き直しの優先順位をつける
  誤答率高  無答率低  →  優先度高い
       低        高  →  後回し

・公開模試だけの表示
 ※正答率に青いバーがあり、正答していたらどれだけ偏差値UPするかがわかる
 ※紫色の〇や✖→直近一か月で習った範囲の問題

・国・算にはプラスシートというのがついており、プラスαの数問が載っている

・アンサーガイドを使いこなす
 クリックすると漢字の書き順も見ることができる
 色が変わっている文字はクリックすると、ポプラディアネットという百科事典に連動していて、意味をすぐ調べら   れる。 

・友達の解答例は、自分の考えの幅を広げたり、ある意味この程度で〇なのかという記述のハードルを下げるのに役立つ。



学校情報を見られるのは知っていましたが、保存して、比較検討できたり、行事カレンダーを一覧で見られたりすることは知りませんでした。


日能研ママからすれば、なんだ、そんなことも知らなかったの、と言われるかもしれませんが、私にとっては知らないことだらけだったので、行ってよかったです。



これだけデータを活用できるのは日能研の魅力の一つなので、活用しなければ損ですよね。



鳥居りんこさんの受験体験記



この本か、




この本




あたりに書いてあったのですが、子供をポケモンだと思い、親はポケモンマスターを目指すのだ!ということが書かれていました。



鳥居りんこさんの本は、


これも、





これも、





読みましたが、お腹をかかえて笑ったり、涙したり・・・りんこさんの体験だけではなく、いろんな中学受験ママの話満載です。私も受験ママにならなければきっと読まなかったでしょうし、体験した人しかわからない世界観です。りんこさんは、本当に文章がお上手です。




my日能研をフル活用して、ポケモンマスターになるぞ~と思いを新たにしました。



応援クリックお願いします!


にほんブログ村




第四回育成テスト結果

学校


こんにちは。



この間、志望校選びのための説明会がありました。男女別で、女子の部参加です。



条件を10ほど出して、その優先順位をつけて選ぶとよいとのことです。また、夫婦で意識の統一をしていないと、お父さんがちゃぶ台返しをする場合もあるから、早いうちからすり合わせをしておいた方がいいとか。



私は、とにかく学校の雰囲気かな。長女がなじみそうな雰囲気を持っているところがいいと思っています。




長女は、柔軟性がなく、よく言えば生真面目、悪く言えば不器用。お友達と適当に合わせてノリよく楽しむってことができません。そういう朴訥な彼女を温かく受け入れてくれるような、ほのぼのとした、もしくはそれぞれを認め合うようなお友達がいそうな学校と縁があるといいなと思います。




距離も重要。夫が、高校の時ドアtoドアで1時間半かかっていたらしく、体育会系の部活もあってヘロヘロだったということで、絶対近い方がいいというのです。説明会では、1時間半くらいは大丈夫だから、埼玉から神奈川、千葉どこへでもOKですよ♪とおっしゃってましたが、うちは、どんなに長くてもドアtoドアで1時間以上は候補に入れないつもりです。




今年は、とにかく説明会、文化祭、学校見学・・・行きまくるつもりです。やっぱり実際見ないとわかりません。乗り換えのしやすさ、駅からの距離、坂道・・・できれば、実際の始業時間に間に合うように電車にも乗ってみたいところです。なにしろ6年間だから・・・




さて、育成テストの結果が出ました。今回は、今までで一番よかったです。
社会と理科の基本集計がそれぞれ9,8、受験種別集計がそれぞれ8,7だった以外は全部10でした。




どうも、理科が苦手なのかも。受験種別集計は、ずっと安定の7です。社会も理科も評価10をとったことがありません。




けど、今はとにかく国語と算数ができていればいいんだ!と言い聞かせています。でも、社会と理科の知識というか、生活に即した常識?みたいな問題で、おいおい!というような間違いをするのは・・・体験が不足してるのか?親力が低いのかも・・・と落ち込みます。



例えば、ダムをつくることで町がしずむことがあるなんて想像つかなかったらしく。今度、ダムとはどんなものなのか、こんなに大きいんだよと実際見せようと思いました。社会と理科は生活の中で知識と結びつけることが大切ですよね。




今回は、応用問題がいつもよりよくできていたのと、4教科のどれも大コケはしなかったことをほめようと思います。



応援クリックお願いします!


にほんブログ村






受験仲間増える

ライバル



こんにちは。



次女の入学式も無事終わり、怒涛の保護者会WEEKでした・・・



長女と次女でそれぞれ、高学年と低学年の保護者会が別日にあり、その合間を縫って塾の保護者会で、保護者会づけの毎日でした。



なんとか次女のクラスでの役員もGET!子供一人につき、6年間で一役ということなので、今年の長女4年生、次女1年生のタイミングでやっておきたかったのです。長女のクラスの役員は2年生の時に終わっています。来年は、地域の子供会の役がまわってくるので、ダブルで役を引き受けることになるし、その次の年は長女6年生で、できれば何もやりたくない年なので、よかった~決まって。



ちょっと一息ついたので、長女の幼稚園時代のママ友2人にランチのお誘いをしてみました。半年ぶりくらいです。



やっぱり・・・2人とも、娘さんの塾通いが始まっていました。



しかも、全員塾が違ってました。



うちは日能研。一人はサピックス。一人は早稲田アカデミー。



三人とも娘なので、これから情報交換できそうです。とはいうものの、6年くらいになったら、どうなっちゃうんでしょう。



前に、受験体験記を読んでもういっぱいいっぱいになったと書きましたが→ この時読んだ本が、花鳥&風月さんの共著のこの本です。この本は受験のノウハウ本というよりは、中学受験生をもつ母のドラマとして読ませる本です。結局どこの学校に受かったのか、気になってしまうのですが。






この本には、4、5年生版もあり、塾が始まってからもう一回読み返してみました。始まってから読むと見えるものが違ってきますね。





特に、6年生版の最後の方は、10年以上前の話だというのに臨場感たっぷりで読んでいてドキドキしてしまいます。最初はここまでするのか・・・とびっくりしましたが、塾が始まってみると、ここまでする人もいるに違いないと思えてきました。でも、果たして私にこれができるのか?



この二人の子供さんは、それぞれ四谷大塚と日能研に通っていました。私たち三人も、別々の塾で友達という点で共通しているので、なんとなくかぶります。



この本では、途中、受験勉強が進んでいくにしたがって微妙な感情なども描かれています。お互い頑張ろうという気持ちとライバルのような気持ち、自分達がうまくいっていないときに相手が順調に見えてしまう気持ち、いろいろな感情と戦いながら、受験にすすんでいきます。



私たちは、たぶんここまで密な関係ではないから大丈夫とは思うけれど、受験前と受験後で関係性が変わってしまうのはさみしいから、適度な距離間でお付き合いしなければ、とこの本を読んで思わせられました。



まだまだ始まったばかりなんですけどね!



次女の給食も始まり、ようやく、ようやく、自分の時間が増えてきます。ママ友としてだけでなく、女友達としての関係も大切にしたいな~と思います。



応援クリックお願いします!


にほんブログ村



計算力は一日にしてならず・・・

遊び




こんにちは。




次女が日曜の夜から熱を出し、昨日も一時は40度を超え、38~39度を彷徨いました。もしかしてインフル?GWでインフルにかかったという話も聞いたことあるし・・・だとしたら24時間経過しないと判定できないので、今日病院へ。



結果は、普通の風邪。あせりました。



ほんとによかった~~~。インフルだったら、今週末の入学式が危ういところでした。後1~2日で熱は下がるでしょうということで、お薬もなしでした。



今日は、科学技術館で行われる「学びのフェス」に行く予定でした。いろんな企業が出展していて、無料で様々なワークショップを体験できます。ここのところ毎年行っていて、完全予約制の授業は抽選なのですが、当たっていたのに・・・残念。



でも、入学式に元気に参加できるのだから、よかったよかった♪



楽しみにしていた学びのフェスに行けなくなったので、長女は朝から勉強しています。昨日は、なんと10時間近く勉強していたのではないでしょうか?本人に強制はしていないのですが、自分で選んで勉強しているので質問以外は放置です。こういうところは、モンテッソーリ教育のおかげかなと感じます。自分で自分のことを決めて実行します。



はじめまして受験算数の講義がまるで春期講習の延長みたいで、いい具合に講義と自習のバランスを保っているようです。




算数は、他に、計算の練習として、これを始めました。





日能研にも「栄冠への道」とか「計算と漢字」という問題集はあるのですが、春休みは時間がいっぱいあるので、こういう時こそ筋力トレーニングのように計算特訓です!




長女は、学習系の塾は英語以外行っていないので、どうしても計算力がありません。公文に行かせておけば・・・と思ったりするけれど、今更なので、まだ4年生、時間はある、と頭を切り替えて地道にトレーニングです。



一方次女は、今月から公文に行くことにしました。受験するかどうか全然決めていなかった長女の時とは違い、次女はほぼほぼ受験は決定。となると、今から基礎的なことの準備は必要と思います。だのに、なぜ・・・今日から公文だったのに初日から風邪で欠席です。



計算ってあなどれないです。182を見て7で割れると瞬時に判断できるくらい慣れるには、日々の努力しかないです。



中学受験の現状を知れば知るほど教育ママになっていってる自分がおもしろいです。楽しんでいるくらい。しかし、楽しいといつまで言えるのか・・・



応援クリックお願いします!


にほんブログ村





春期講習特別テスト

月



こんにちは。



土曜日は、もう散りそうな、でもまだまだ美しい夜桜見物に行きました。



諸説あるようですが、ブルームーンとは、1ヶ月に2回「満月」になることらしいです。3/31がそうだったということで、ブルームーンと夜桜と、同時に鑑賞です。欧米では神秘的な現象として知られていて、「ブルームーンを見ると幸せになれる」という言い伝えもあるそうで、何かいいことあるかな?



次にブルームーンが楽しめるのは、2020年10月だそうです。その時には、家族でブルームーン鑑賞なんて余裕ないだろうな・・・



春期講習が終わって、春期講習特別テストがありました。4科目の受験者数は3043名。育成テストより随分少ないです。応用受験に至っては、839名。娘のクラスでも、上位常連の男子がいなかったとのことで、参加していない子も結構いるんですね。今までの総復習だと言っていたので、必要なしと判断する人も多数いるのかも。



総復習だし、育成テストでも繰り返している範囲なんだから、といっても満点がとれないものですね。




理科は惜しかったのです。一部、書き忘れがなければ・・・なんで、書き忘れとかするのかわからないけど。問題用紙にはちゃんと記号に〇をしていて答えもあっているのに、そこだけ答案が空欄・・・ほんとに大丈夫なのかな、この子。




共通の4科目の評価は9、受験種別では8でした。う~ん、復習でこれだと、ちょっと・・・




今回は、社会が足を引っ張っていました。




毎回4教科の何かが足を引っ張るのよね。対策の立てようがないよ~




とはいうものの、社会・理科は間違えた問題の見直しにとどめます。とりあえず、今は国語と算数が重要。特に娘にとっては算数が最重要。




ということで、4年生のまだ余裕があるうちに算数に特化することにしました。




そこで、始めたのが、「はじめまして受験算数」




この本は、はじめて受験算数に挑戦する人や、塾に通って中堅校を目指しているけれど算数が苦手という人が対象とのことで、各回ごとにビデオ講義が見られます。1冊で53講義もあるのです!



まだ塾でも習っていない内容もあるけれど、先生の授業が丁寧でわかりやすいです。算数が得意な子には物足りないのかもしれないけれど、算数が苦手な娘の基礎を固めるのによさそう♪




もう一冊、「図形・場合の数編」もあります。





この2冊を、4年生の間に一通り終わらせたいと思います。たぶん、4年生では習わない内容もあるし、理解できない部分もあるだろうけど、学校や塾で何度か同じことを繰り返すことで理解が深まるだろうという期待をこめて。



ビデオ配信が、この本の絶版から3年とかで、そこが不安。途中でなくなりませんように!!これは、かなりコスパの高い問題集です。



私が教えると、あまりの娘の勘の悪さにイラっとしてしまい、またきつい言い方になってしまいます。もうほんとにとんちんかんな解き方を思いつくから・・・。自分の娘だと、どうもうまくいかないです。でも、きょうこ先生(←この本の著者)がわかりやすくテキパキ教えてくださるので、絶対その方が親子関係うまくいきそうです。



春休みも後一週間くらいですが、春期講習も終わったし、春休みの宿題もないし、学校と塾が始まったらなかなかできそうにないことをしたいと思います。



応援クリックお願いします!


にほんブログ村








アンケートモニター登録
ギャラリー
  • my日能研の活用法
  • 第四回育成テスト結果
  • 受験仲間増える
  • 計算力は一日にしてならず・・・
  • 春期講習特別テスト
  • 第三回育成テスト結果
  • 今日も育成テスト
  • 全国模試の成績表と第二回育成テスト結果
  • 全国公開模試(3/3) 結果
ブログ村